人気ブログランキング |

カテゴリ:なんちゃない日記( 200 )

蓋女

マンホールの蓋に萌えている女性のことを《蓋女(ふたじょ)》と呼ぶらしい。

私もその蓋女の一人。
マンホールの蓋にはまってかれこれ10年。
数年前まで、カメラを向けていると、まるで珍獣を見るかのような好奇の視線を浴びていたが、最近は市民権を得たのか無視されるようになった。
有難いこっちゃ。


残念ながら我が北九州市のマンホール蓋は,いま一つフォトジェニックではない。
市の花、ひまわりが描かれているのだろうけど、言われなきゃ分からん。
言われても、ふ~ん、ってなもんよ。

b0196171_00082874.jpg


こちらは、市のシンボルツリー”いちいがし”がデザインされているけど・・・これも面白みに欠けると思う。

b0196171_00082868.jpg

ところが、今年、北九州市下水道100周年を記念して、デザインマンホール蓋が市内数ヶ所に設置された。


小倉北区魚町近辺には、市に縁の漫画家、松本零士さん作品とコラボした蓋が9箇所に、
b0196171_00082996.jpg



若松区中川通りには6種類のデザインが、
b0196171_00082930.jpg


b0196171_00082976.jpg
他にも数ヶ所に設置されているらしい。

皆さんも、お出かけの折に下を向いて歩かれてみては如何?
割と楽しいですよ169.png


by toriaezu-b-ru | 2018-12-21 23:59 | なんちゃない日記 | Comments(0)

シニア女子会 同級生編

中学校の同級生に誘われて、”女子会”に参加した。
誰が来るのかも分からず、実家近くの約束の場所に行くと、集まったのは私含めて5人。
このうち、同じクラスだった人は1人。
他は、保育園から中学校まで一度も同じクラスになったことがないばかりか、幹事をしてくれた"女子”は、中3の2学期に転校して来た人なので、ほとんど面識が無かった。
にも関わらず誘ってくれたのは、中学卒業以来何度も同窓会で会っている間に、親しくなったからだと思う。
どんな関係であっても、気に掛けてくれて誘ってくれるのは嬉しく有難いと思う。

中学生時代の関係は希薄であっても、それはそれ。
女三人以上集まったわけだから、かしましいことこの上無し。
宴たけなわになったところで、来年の同窓会の話題に。
日時に関しては、さほど意見は出なかったが、問題は会場のこと。

「えーーーっ!?あそこぉ??10人が10人不味いって言う処よ。ウン千円も出すなら、もっと美味しい処あるやろうもん。」
「あそこなら行かん。」
と予想以上に超不評。

さあ困ったゾ。
「じゃあ、田吾作に話とこうね。」と言って、再会を約束してお開きに。
そうは言ったものの、田吾作は田吾作なりに考えて考えて決めたことだろうし、プライドもあるだろう。

変に意見して腹かかれても困るし。(腹かく=腹を立てる。私の周りは大抵”腹かく”を使います)
いや困らんか。
このままそっとしとくのが親切か、不親切かは分からないけど、しばらくそっとしとこう。


出席できない私に、とやかく言う資格はないけど、せっかく田吾作が同級生のためにひと肌脱いでくれているので、多くの同級生が集まればいいな、と願っております。
同級生の皆様、出席してあげてね、私は行かれんけど103.png







by toriaezu-b-ru | 2018-11-06 23:17 | なんちゃない日記 | Comments(0)

Meine deutsche Lernmethode

タイトルは、グーグル翻訳による「私のドイツ語学習法」の意味のドイツ語。自分でドイツ語に訳せなかったのが情けない。


ドイツ語に初めて触れたのは、中学生の時に聴いたウィーン少年合唱団のコンサートでのことだった。
日本語で歌い慣れていたヴェルナー作曲《野ばら》を、当然のことながら彼らはドイツ語で歌った。

Sah ein Knab’ ein Röslein stehn.ザー アイン クナープ アイン レースライン シュテーン

Röslein auf der Heiden,レースライン アオフ デル ハイデン

この中のを巻き舌で歌ったのだ。
そのときに初めて巻き舌の発音を聞いて、衝撃を受けた。
「カッコイイ~~!!、私も巻き舌でドイツ語の歌を歌いたい。」
それからの毎日、日本語のら行を巻き舌で発音する練習に明け暮れた。
今考えると、たいがいバカチンばい、と呆れてしまうけど、中学生の私は必死だった。
そのエネルギーとやる気が教科の勉強に向けられていれば、今頃は・・・・・変わらんか?
努力の甲斐あって、履歴書の特技欄に「巻き舌」と書ける位完璧に巻けるようになった。書かんけど。何の自慢にもならんし。
普通の人なら何の役にも立たない巻き舌だけど、声楽でイタリア歌曲やドイツ語の歌を歌うときには、巻き舌は必須なので、私の生活には役立っている。

ところが、普通の会話でのドイツ語では巻き舌で発音しない、と知ったのは大学入学後だった。
私の専攻科はドイツ語が必修科目だった。
文法を1年間習っただけで、2年生からは、ドイツ語の楽書を翻訳するばかり。
バッハの装飾音がどうしたこうした、ハイドンの交響曲がなんちゃらかんちゃら・・・と翻訳の勉強だけで、会話は全く勉強しなかった。

大学卒業後はドイツ語に触れる機会は皆無。
当然学習したことのほとんどを忘れてしまった。

それから長い年月を経て、2006年のドイツ初訪問を前にNHKでドイツ語を勉強を始めたのだが、案の定文法が難しくて早々に挫折。
再び、長期放置に。

それから9年半の歳月が流れた。
2016年10月から放送が始まったNHK-Eテレの《旅するユーロ》シリーズ。
”旅する”ために役立つ、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語のテレビ講座で、4人の俳優が旅人兼生徒になって、それぞれの国を旅しながらそれぞれの言語を学ぶと言う、今までになかった語学番組に興味を持った。
番組が始まる前に、既に’17年春のドイツ一人旅が決まっていたので、ドイツ語を勉強することに。

Ⅰstシーズンは、ウィーン編。
旅人はピアノの上手な別所哲也さん。
ウィーンの名所を巡りながら、買い物やレストラン、電車の切符の買い方などなど、旅行時に使うであろう言葉を学んで行くもの。
文法の講釈は、アニメで少しだけなので、会話を丸暗記すれば何とか地元民のドイツ語で会話できる仕組みになっている。

翌年のドイツ旅行では、この講座内容がとーーっても役立った。
Ⅱndシーズンは、俳優の前川さんが、ベルリンを旅しながら、そして今日10/1から始まるⅢrdシーズンはミュンヘンと周辺地域、ザルツブルクまで足を延ばすらしい。

この番組のおかげで、昨年と今年のドイツ旅行では本当に役立ち、助かった。
特に旧東独では英語があまり通じないから、旅行の言葉に限ったスキットを丸暗記したお陰で、地元の人とコミュニケーションが取れたことは嬉しい出来事だった。

音楽家関係の博物館や記念館、あるいはレストランやカフェには英語表記がない場所が多い。
そんな時は、大学で学んだドイツ語が役立った。
ほとんど忘れてしまっていたけど、何となく言わんとすることは理解できた。
勉強して無駄ではなかったっちゅうことやね。めでたしめでたし。


テキストを定期購読して、やる気はあったんだけど。。。
b0196171_22062148.jpg



旅するドイツ語のテキスト
b0196171_22063844.jpg
第3シーズンも頑張ろう。
今の所、5回目のドイツ旅行の予定はないけれど。

☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+

これから先、ヨーロッパ個人旅行を考えていらっしゃる方に、これらの番組はお勧めですよ。
語学よりも旅番組のような内容ですし。
ドイツ語の他に、今シーズンからフランス語も勉強しようかと思い、10月のテキストを買ってみました。
挫折は時間の問題みたい。チャンチャン。

by toriaezu-b-ru | 2018-10-01 21:53 | なんちゃない日記

9月終了

早くも9月最終日。
台風や地震のニュースで心痛めた月だった。
台風には慣れているけれど、あんなに甚大な被害は経験ないなあ。
改めて自然の脅威を感じた。
亡くなられた皆様のご冥福をお祈り申し上げます。


広島カープが3連覇。我がホークスは連覇ならず、西武が10年ぶりにリーグ制覇。
カープファン、ライオンズファンの皆様、優勝おめでとうございます。165.png
残念ながらリーグ優勝は逃したものの、まだ日本シリーズ連覇の可能性は残っているホークス。
今年こそ、カープとの日本一を賭けた試合を見たいものだ。
とここ数年、毎年書いているような・・・

芸術の秋到来。
と言っても、何の予定が有るわけで無し。
今年は珍しく、北九州国際音楽祭に行く予定も無し。
春にヨーロッパで素晴らしいオペラとコンサートを聴いたもんで、暫く余韻に浸りたいなあと思い、チケットは買わなかった。

来月後半から約2ヶ月間、京都で開催される【レオナール・フジタ】の絵画展を是非鑑賞したいと思い、日帰り京都旅行を計画したものの、バスに乗るのさえ時間が掛かる京都の観光客の多さを想像すると二の足を踏んでしまって、どうしようか中々決まらない。私らしくないわね。

カメラを首にぶら下げて、近場を徘徊しましょかねえ。


*.♪。★*・゜・*♪*.♪。★*・゜・*♪*.♪。★*・゜・*♪*.♪。★*・゜
本文と関係無い写真です。
ポーランド・ワルシャワのショパン縁の”聖十字架教会”

b0196171_23174411.jpg


ショパンのお墓はフランスのパリにありますが、「心臓は故郷ポーランドのワルシャワに埋めて欲しい。」と言うショパンの遺言に従い、この柱の中に埋められています。

b0196171_23180060.jpg


中に入った時は丁度ミサの最中でした。聖体拝領が終わり信者さんたちが三々五々聖堂から出て行った直後に、オルガンの演奏が始まりました。
しばしバッハのオルガン曲を鑑賞。
とても感動しました。

b0196171_23175320.jpg

by toriaezu-b-ru | 2018-09-30 22:40 | なんちゃない日記 | Comments(0)
16日(日)朝、中学・高校の同級生の田吾作君から電話があった。

「来年の同窓会の相談をしたいんやけど、ありママちゃん家に行ってもいい?」
ふぎょぎょ、覚えとったか。
てっきり忘れているか、もしくはやっぱり俺、幹事せん、とでも言うか?
と少々見くびっていたって言うのが正直なところ。どんだけ失礼なん、私(反省)

2年前の還暦同窓会の終わりに、中学卒業以来長年勤めてきた幹事を引退する、と宣言。
皆から、「いいよ、長い間お疲れ様・・・」と言ってもらえると信じて疑わなかった。
が、しか~し、なんと同級生のむごいことか106.png
「また次もありママちゃんが幹事してっちゃ。」げな。
「じぇったいしぇんけ。」と断固拒否した。

ところが田吾作が
「俺がする。ありママちゃんと一緒にする。」とか、人の許可も無く勝手に私を引きずりこんだ。

「はあ??なん言いよん。せんちゃ、田吾作一人でしぃ。」と言いたいのをグッと飲み込んで、お手伝い程度なら、とOKしちまったのだ。


田吾作と我が家は、丁目以下の数字が異なるだけで、徒歩5分しか離れていないので、彼は歩いて約束の時間にやって来た。

彼の中で、日程と会場は既に決定していた。
来年のゴールデンウィークの真ん中で、八幡西区のとある会館。

「え~~っ!?GW?私、もしかしたら日本におらんばい。」
私にとってのGWは、海外旅行か、ホークスのどんたくシリーズ観戦と決まっているのだ。
ま、ホークスはともかく、できれば海外で過ごしたい。
今の所、まだ何も手配していないので、行かれるかどうかわからないけど。

次に、準備の話になった。
・案内状作成
・宛名書き
・当日の受付
・当日の会計
これらのことを私にして欲しいんだって。

「はあ?じゃあ田吾作は日程と会場手配で終了なん?」と言いたいのをこれもグッと飲み込んだ。
案内状は作ってやろうたい。(恩着せがましく上から目線)
でもほとんどの人にはメールで知らせる。但し女子だけね。
男子への連絡はしない。(返事がめちゃくちゃ遅い)
当日の受付も会計もしない。(遅れてやって来る人の応対に追われ、おちおち食事も出来ない)
と、やんわりと(心の中ではきっぱり)断った。
苦笑いされたけど。

そのくらい言ってもバチは当たらんやろ?
今まで、さんざんお世話して来たとやもん。
それに、GWは旅行で不在かも、と言うと、日にちを変更してよ、と言い返されて少々カチンと来てたし。

「とにかく、田吾作君が幹事なんやけ、思うようにしたらいいんよ。まだ時間はあるから手伝ってくれる男子を捕まえときぃ。」で〆て、第1回の会議は終了。


と言う訳で、このブログを見てくれているN中学同級生のお友達ちゃん、一応そんなこんなが決まりましたので、後日LINEでお知らせいたします。
少々お待ちを。。。


本文と全く関係が無い写真は、ウィーンのフンデルト・ヴァッサー建築
スペイン・バルセロナのガウディ建築みたいだけど、彼の作品ほど華やかさはありませんね。

b0196171_00112455.jpg

b0196171_00113180.jpg
重厚かつ華やかな歴史的建造物が多いウィーンの中で、この一角だけ別世界のようだった。







by toriaezu-b-ru | 2018-09-19 22:50 | なんちゃない日記 | Comments(0)
たかだか37ヶ国しか旅行してないのに、そろそろ有名な国ではなく、あまり観光客の多くない国に行ってみたい、などと日々生意気なことを考えているワタクシ。
そこで、随分前に娘が図書館で借りて読んでいたこの本を、私も借りてきた。
b0196171_20471980.jpg
著者は福岡出身で、現在福岡市で旅行社を経営中。
珍国とは、その名前の通り、ほとんど知られていない、多くの人が聞いたことも無い国のことを指す。
2年前のリオ五輪の参加国は200ヶ国。
開会式を見ていたが、初めて聞く国名が多々あったのには驚いた。
俄然興味が沸いた。
そして地球儀をくるくる回しながら、どこにあるのか探してみた。けれども、拡大鏡がなければ見つけられないような小国ばかり。
b0196171_20473347.jpg
この本、こんな国や場所がありますよ、の紹介がメインなので、福岡からどのようなルートでたどり着けるか?などの具体的な情報が欲しい私には少々物足りない内容だったのが残念。



b0196171_20474118.jpg


ウユニ塩湖(ボリビア)もナミブ砂漠(ナミビア)もペリト・モレノ氷河(アルゼンチン)も諦めたけど、地図にも載っていないセント・マーチン島だけは、いつか絶対に行きたい場所。



b0196171_20474731.jpg

飛行機がビーチ上の低空を通過してプリンセス・ジュリアナ空港に着陸することで有名なマホビーチで、にわか空見ちゃんになって飛行機写真を激写したい!
ここなら割と簡単に行けそうなので、健康ならば実現しそうな気がする。

ちなみにこの空港、堂々、世界の危険な空港TOP10入りの栄誉に輝く空港なのだ。
明日にでも行きたいワ。
行けるわけないから、ちゃちゃっと返却して来よっと。


by toriaezu-b-ru | 2018-08-27 20:45 | なんちゃない日記 | Comments(0)
続き・・・

はるばるドイツからやって来た”フライブルク大聖堂合唱団”の美しいハーモニーを聞き、あまり期待してなかったけど、意外にも美味しかったビュッフェをお腹がはちきれそうなほど食べて、久しぶりに娘と色んな話をしていたら9時過ぎていた。
けど、今夜はここに泊まるので、のんびりできるのが嬉しい。

娘が予約してくれた部屋は、エグゼクティブルーム。
娘も年に2回、海外旅行を楽しんでいるのだけれど、親の私でも泊まったことがない、ウォルドルフ・アストリアとかコンラッドとか、1泊ウン万円もする高級ホテルに宿泊するもんだから、ヒルトンゴールドメンバーなんかになっているお陰で、アップグレードしてもらったらしい。ラッキー!


エグエクティブルームと言っても、部屋の広さはスタンダード並みなんじゃなかろうか?
ウエルカムフルーツを持って来てもらえることと、バス・アメニティのグレードが高いことと、エスプレッソマシーンがあることくらいが、エグゼクティブなのかな?
夕方のカクテルタイムや、ラウンジでの朝食が無料なのも特典だったっけ。
b0196171_22095775.jpg

このホテルのバスタブは、寝そべった時に首がうまくバスタブにはまるようになっているので、気に入っているけど、エグゼクティブ(いいねえ、この響き)特典を利用して、大浴場に入ることに。
その間、娘はトレーニングルームへ。
b0196171_22095704.jpg

部屋の正面に福岡タワーが見える。
b0196171_22095785.jpg

朝食はラウンジで。
エッグベネディクトは本日の特別メニューなんだとか。
明太子をトッピングしてもらった。
b0196171_22095721.jpg
ラウンジから見えた景色。
遠くに、海ノ中道と志賀島が見える。
反対側は、建設中の”MARK IS(マークイズ)福岡ももち”が。
11月21日オープンとのこと。間に合うと?

b0196171_22095870.jpg

チェックアウトは12時。
ギリギリまで涼しい部屋で過ごし、天神へ向かった。

日帰り可能な場所だけど、たまには泊りがけでゆっくりするのも悪くないね。いや、いいもんです。
野球がある日はお安く泊まれないけど、時々半額で泊まれるキャンペーンをやっているらしいので、その時を狙ってまた泊まりに来たいワ。

by toriaezu-b-ru | 2018-08-22 21:54 | なんちゃない日記 | Comments(0)

同級生の訃報

昨日(7/29)のこと。
猛暑のさ中、お昼ご飯をちゃちゃっと済ませ、お昼寝しようかしらとボーット過ごしていた午後、友人から「Tさんが亡くなったって知らせがあった。」と電話がかかって来ました。
通夜、葬儀の詳細を知らせてくれているんだけど、あまりに突然のことで全く耳に入らず。

今日、別の友人からの情報によると、昨年5月に、かなり進行していた癌が見つかり、手術も出来ない状態で近くの大学病院で闘病生活を送っていたとのこと。
最後に会ったのは、2016年の還暦祝いの会の2次会でした。

Tさんとは、保育園から中学校までの同級生。
と言っても同じクラスになったのは中3の時の1年間だけ。
だから会ってもほとんど話すことはないのだけど、一昨年のこのときは彼の方から話しかけてくれました。

何年か前に、地元テレビのワイドショーに何度か出演したことがあって、たまたまテレビを点けたら私が出ていたとのこと。
確か、安さを売りにしている居酒屋からの生中継の回で、1時間で主婦が飲み食いして、さて一体おいくらなのか?をレポートする、と言った内容だったと思います。
それを見た彼が私に言い放った。
「お前、女捨てたのぉ。」
私「ぎゃははは・・・見たとぉ?あー恥ずかしい。」(あんな番組、女を捨てなやっとられんとよ、と心の中で反論しました。)
結局これが最後の会話になったのでした。
こんなことになるのなら、もう少し高尚な話をしたかったワ。

この写真は、2014年の新年会の時のもの。
このときは、挨拶しかしてないので、彼が参加していたことをこの写真を見て思い出したのでした。
b0196171_23194017.jpg
(ピンクのカーディガンを羽織っているのが私)


b0196171_23173862.jpg


この時は元気そうで、楽しんでくれてたのに。
まさか・・・ねえ。

この写真を見ると、亡くなったことがまだ信じられません。
まだ62歳。早過ぎますよ。
60歳で公務員の職を全うし、きっとこれから奥様やご家族と充実した日々を過ごすことを楽しみにしていたでしょうに。
計画だってあったでしょうに。
悔しかっただろうなあ。
と、心中を察すると、同級生の死は、ことのほかショックで悲しいし寂しい。


Tさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。合掌


この拙いブログを見てくれている同級生の皆さん、長生きしましょうね。
あと20年位は訃報に接したくありませんからね。





by toriaezu-b-ru | 2018-07-30 23:17 | なんちゃない日記 | Comments(0)

さらばKLM

KLMオランダ航空が福岡~アムステルダムの空を飛んだのは、2013年4月3日~2016年1月4日の2年9ヶ月だけ。
この間に、3往復利用してヨーロッパに行きました。
付与されたマイルは約1万5千数百マイル。
その期限がもうすぐ切れる、とメールが来たので、商品交換しました。

b0196171_21220662.jpg
写真のような使い方が出来るまな板。

早速使ってみましたが、普通の使い方しか出来ない。
ま、少しずつアレンジしてみましょ。


機内食やギャレーのスィーツ類、CAさんたちの応対、離発着時刻の利便性、スキポール空港での乗り換えなどなど、とっても満足していた航空会社だったので、短期間での撤退はいまだに残念でなりませんが、また搭乗の機会があることを願いながら、しばしKLMオランダ航空とはお別れです。

その後、代わってフィンランド航空(フィンエアー)が福岡~ヘルシンキ便を夏期限定で就航することになったのですが、いまいち利用する気になれません。
評判は悪くはないみたいだけど。
フィンエアーの搭乗率は存じませんが、撤退する前に一度は利用したいものです。
その昔、英国航空の福岡~ロンドン便も撤退。
カンタス航空の、福岡~シドニー?メルボルン?アデレード?線も撤退。
ガルーダのバリ島線も撤退。
増えるのは、韓国便ばっかり。(もう要らんやろ?)

福岡からアジアに行くのは便利だけど、それ以外は・・・・・ねえ。

あーーー、どっか行きたあーーーーーい!!
去年の夏は涼しい(寒い)カナダに行ったのに、今年は自宅で過ごします145.png



それでは皆様ごきげんよう169.png




by toriaezu-b-ru | 2018-07-25 23:14 | なんちゃない日記 | Comments(0)
醤油麹が無くなったので、慌てていつもの”本田こうじや”さんへ、予約していた麹を買いに行きました。

自宅を出て、遠賀川の土手を一直線に走ること30分。
と言っても自宅から中間市役所までは、ほぼ真っ直ぐなのですが、そこを過ぎると川幅が狭くなり、土手もくねくね曲がって運転しにくく、特に大型車と離合する時はとても気を遣います。

八幡西区木屋瀬(こやのせ)は、旧長崎街道の宿場町。
現存する江戸時代の民家に住んでいる人もいて、しかも見学させてくれるので、度々ローカル番組で紹介されています。

そんな歴史と風情ある街の一角にある本田こうじやさんも、なかなか趣きのある建物です。

いつものように引き戸を開けて中に入ると「ただ今出ております。5分ほどで戻ります。少々お待ち下さい。」の置手紙が。
仕方ないので、本田さんちの前にある須賀神社で、この夏の家族の無病息災を祈願することにしました。

いつも麹を買ったらすぐに帰るので、神社の境内に立ち入るのは初めて。
なかなか由緒ある神社のようです。

b0196171_21522472.jpg

いつもながら財布の中身が寂しいので、お賽銭は奮発できませんでしたが、この猛暑を何とか乗り切れるように、二礼二拍一礼のお作法に則りしっかりお願いしてまいりました。

さて、今日買った麹は2キロ。
1.2キロは塩麹、0.8キロで醤油麹を作りました。
来週には美味しい塩麹と醤油麹が出来上がるでしょう。




by toriaezu-b-ru | 2018-07-21 21:29 | なんちゃない日記 | Comments(0)

ご訪問ありがとうございます。『なんちゃない』とは、方言で、なんでもない・どうってことない、と言う意味です。毎日のあれこれを綴っています。


by ありママ