ご案内



本日発売の旅行の本に、4月にアムステルダムで撮影した写真が掲載されました。
もう一つのブログ 4トラベル に投稿したアムステルダム旅行記 の写真が編集者の目に留まったそうなんです。


いろは出版 大切な人と行きたい 妄想絶景  (1400円+税)
b0196171_15470789.jpg

75ページ
b0196171_15195402.jpg

87ページ
b0196171_15544714.jpg
モノクロの小さい写真ですが、20万人以上の4トラベル会員の中から選ばれた、30名のトラベラーの一人として巻末に名前(ARIC)が連ねられたことは、嬉しくも有り恥ずかしくも有り・・・・・
書店で見かけられましたら、手にとってご覧いただければ嬉しゅうございます。


オリジナル写真は↓

スキポール空港に展示されている、飛行機のタイヤ
b0196171_16111502.jpg

アムステルダム中央駅
東京駅のモデルとなった駅舎だそうです
b0196171_16110345.jpg
アムステルダムの運河の風景
b0196171_16152941.jpg

これらの私の写真以外にも、同じような写真が4トラベル上で散見されるので、なぜ私の写真が採用されたのか
分かりません。
私としては、他所では見なかった下↓の写真を載せて欲しかったのですが。


運河クルーズのボートの窓から見たこれらの家。アナウンスでは、ダンシングナントカって説明があったんだけど、建物が右に左に傾いているでしょう?
まるでリズムに乗って踊っているように見えませんか?
アムステルダムには、まっすぐに建っていない家が幾つもあります。
中は、平行になっているのだろうか、と他人ごとながら気になります。
b0196171_15222088.jpg


アムステルダムの運河沿いに建つ家は、どれも間口が狭いのですが、その理由は、昔は間口の大きさによって納税額が決まったので、できるだけ狭い間口の家を建てたのだとか。
ですから、中には、童話に出て来そうなこんなに小さい家もあります。
縦横ともに大きなオランダ人ですが、この家にスムーズに入れるのでしょうか?
気になって気になってしょうがありませんでした。
陸に上がって自分の体で試してみたかった。

b0196171_15223714.jpg


間口が狭い分、高さがある家なので、家具などを屋内に運び入れるには、外からロープ(滑車)で荷物を引き上げて中に入れるそうです。
その様子を随分前にTV番組で見ました。
その為のフックがどの家にも付いています。
b0196171_15240355.jpg

建築のことは全くの門外漢なので、用語などはさっぱり分かりませんが、旅先では珍しく、面白い建築物を見て回るのが大好き。
特に、ヨーロッパには、歴史的有名建造物はもちろんですが、築数百年の建物も普通の人々の住居として残されているので、どこに行っても被写体としての興味は尽きません。

これまでにも、全日空・JR九州・某市立大学同窓会・某NPO法人・某韓流スターファンクラブ他に
写真を提供(無償で)してきましたが、市販される出版物に載るのは初めて。
これからも、好奇心の赴くままにあちこち出かけて美しい写真を撮って来ようと思います。
その前に写真の腕を磨かないけんネ。

[PR]
Commented by yukimama0202 at 2014-09-01 21:07
こんばんは
すごいすごい!
素敵な写真が掲載されたんですね

でも~よく見ると、本当に素敵ですよ
運河の風景なんて、絵葉書みたいだし
ネスカフェのCMで流れそうですよ(ありましたよね?)
ありママさんの好奇心がシャッターを押したんでしょうしね
オメデトウ(^▽^)ゴザイマース
Commented by toriaezu-b-ru at 2014-09-01 22:21
yukimamaさん、こんばんは。
出版社からメールをもらった時は、何故私の写真が?と思いましたが、yukimamaさんにお褒め頂いて、ちょっぴり自信が付きました。
ありがとうございます。

確かに、ネスカフェっぽいですね(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by toriaezu-b-ru | 2014-09-01 16:49 | 海外旅行 | Comments(2)