オランダ旅行記

今朝、何故か4時過ぎに目覚める。
いつもは6時過ぎなのに。
今日は父の命日。何回忌なのかすぐには分からない位昔のこと。
あ、思い出した。
37年前の7月9日 朝4時過ぎに息を引き取ったのでした。

しばらく、お布団の中でうつらうつらしていたら、4時56分になっていました。

わっ、ワールドカップ ブラジルvs ドイツの試合が始まるやん、とTVのスイッチオン。
ところがどのチャンネルもやってない。
え~っ?BSなん? 2階のテレビはBS映らんし。
でも起きてリビングに行く気にはならん。

そこで番組表を見たら、Eテレで放送中。
すぐにチャンネルを替えると、すでに開始5分経っていました。

しもたぁ~、ブラジル国歌を聞き損なった、残念。

ブラジル国歌って聞いたこと有りますか?
初めて聞いたとき、ロッシーニのオペラかと思ったくらい、雰囲気が似てるのよね。
『セビリアの理髪師』とか『アルジェのイタリア女』の中に似たようなメロディーがあるんじゃないか、って思ってしまいます。

軽快なリズムと明るくコロコロなメロディー。
元気が出ます。

が、しか~し、試合の方は、7:1でドイツの圧勝。
こんな数字、サッカーでは見たこと無い。 まるで野球のスコアやん。

ドイツが強すぎるのか、ブラジルが、ネイマールとキャプテンがいないだけで、こんなにも弱すぎるのかは知らないけれど、ドイツファンとしては嬉しかったでごじゃる。

ちなみに、ドイツ国歌は、交響曲の父、ハイドン作曲 弦楽四重奏曲『皇帝』第二楽章。
オーストリア出身のハイドンのこの名曲は、もともとオーストリア帝国の国歌だったそうですが、どういう経緯でドイツ国歌になったのかは、調べていません。
歌詞はわかりませんが、最後の『ドーイチェラン、ドイチェラン、ユーベルアーレス・・・』は歌えるのですが、なぜなのか自分でも分かりません。変なの。

さて、明日は、オランダvsアルゼンチンの準決勝。
先日、たった3泊4日のオランダ旅行で、すっかりオランダの文化や人などなどが好きになったので、明日はオランダを応援します。

と前置きが長くなりましたが、4トラベル でオランダ旅行記を公開しています。
この旅行のハイライトは、なんと言っても、4トラベラーで、こちらにもコメントを下さる ガブリエラさんとの出会いでした。
忘れられない思い出です。
キンデルダイクの風車群、運河クルーズ、面白い建築物、フェルメール他絵画、コンサートなど短い滞在にもかかわらず、盛りだくさんな内容です。
よろしければご覧くださいませ。

ロッテルダム編
ガブリエラさんとの出会い編
アムステルダム編
ハーレム編
美術館とコンサート編
キューケンホフ花公園編


[PR]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by toriaezu-b-ru | 2014-07-09 22:50 | 海外旅行 | Comments(0)