世界最強のパスポート

11月15日の日記

現在使用中のパスポートが来年4月15日に期限切れになるので、更新した。
覚え易いよう、新パスポートの有効期限も10年後の11月15日になるように、11月8日に申請書を提出。
希望通り有効期限2028年11月15日のパスポートを手にすることが出来た。
めでたしめでたし。
b0196171_21464731.jpg
今回の更新を機に、本籍地も広島から現住所に転籍。
私たち夫婦は新本籍地での更新。
有効期限が7年も残っている娘は、残存期間そのままで本籍地変更で更新してもらった。
姓が変わっての変更は当分予定が無いらしい。
ま、それもよかろう。
いや、よくないか?103.png

それはともかく、ビザ無しでこのパスポートだけで入国できる国の数が、シンガポールの189ヶ国を抜いて196ヶ国中190ヶ国、世界一最強のパスポートになったそうだ。

そんな有難~~いパスポートの所持率は約23%。
日本国民の4人に1人以下。
この数字を多いと感じるか少ないと感じるかは意見が分かれるところだろうか?
そんな世界最強のパスポートを持って海外に出かけないのは、何と勿体無いことだろう。
と、私は思いまする。

ちなみにお隣の韓国は約40%、アメリカは30約%だそうな。
どおりで、日本でもヨーロッパでも韓国人によく出会うはずだわ。


b0196171_22434063.jpg

パスポート写真にはあれこれ規制があるので、いつも(と言っても10年に一度)北九州パスポートセンター横の旅行用品店内で撮影してもらっている。
2枚で400円。
使用カメラはキャノンのデジイチ。
10年前には無かった機能の、美白仕上げで撮影してくれたお陰で、10年前の写真よりも肌の色艶がよく、思ったほど婆さんではなかった。
と自己満足。
後10年、この顔で出入国できるってことね。イヒヒヒヒ・・・


このパスポートで果たして何回何ヶ国渡航できるだろう?
何しろ190ヶ国に行けるのだから、できるだけ沢山の国を訪問したいもんだワ。


さて本日(12月14日)朝、娘は、新しいパスポートを持って、アラブ首長国連邦(UAE)へ一人で旅立った。
私も、いつの日か、中東訪問したいと思う。
出来れば一人で。
UAEのドバイにも、カタールにも立派なオペラハウスがあるので、できればそこで何か鑑賞してみたいと思う。
そう言えば数年前、ドバイオペラハウスで、プラシド・ドミンゴのリサイタルが開催されたのだった。
早く知っていれば、一人で行ったかも。。。

b0196171_21472457.jpg

と言う訳で、新しいパスポートを持ってまた来年もあちこち行こうと思います。

それでは皆様、ごきげんよう169.png





[PR]
# by toriaezu-b-ru | 2018-12-14 16:22 | 海外旅行 | Comments(0)

夏井ヶ浜公園

10月のとある日のこと。
”とと市場”のチラシが入っていたので、超久し振りに買い物に出かけた帰りに、夏井ヶ浜公園に寄ってみた。


177.pngとと市場
チラシを見てやって来た人々で賑わっていたが、”カメラ女子”心をくすぐる被写体は無かった。
b0196171_21204595.jpg


夏井ヶ浜はまゆう公園の存在は知っていたが、とと市場のすぐ近くとは。
せっかくなので立ち寄ってみた。

b0196171_21210234.jpg

遠くに見える島は、地島かなあ???
b0196171_22524367.jpg
東に目を向けると、誰が呼んだか”北九州のプロバンス”若松北海岸が見える。

b0196171_22524881.jpg
ズームしてみると、かんぽの宿が。
小高い場所にあるんだね。

b0196171_22525491.jpg

幼い子どもとおじいちゃんらしき男性が磯遊びを楽しんでいた。
微笑ましい光景やね。

b0196171_22530531.jpg

東山魁夷の日本画にありそうな、海の景色。
穏やか過ぎて絵にならんかも。
b0196171_22531243.jpg
そう言えば、ここは”恋人の聖地”らしい。
それがどうした?
って年齢デス。

b0196171_22534380.jpg

子どもの頃から山よりも海の方に親しんできたので、やはり海を見ると落ち着く。
なのに、クルージングにはどうも興味が無い。
いつの日か、カリブ海アイランドホッピングにチャレンジしたいと思っているのだけれど。。。



[PR]
# by toriaezu-b-ru | 2018-11-29 21:16 | 行ったばい | Comments(0)

11月3日 文化の日の日記

Aちゃん42歳、Rちゃん44歳、そして私の歳を足して3で割ると、49.6666。
私一人で平均年齢を押し上げている。

この3人でランチやその後のスィーツを頂くのは、かなり久し振りなので、とても楽しみにしていた。
前回3人で会ったのがいつだったか忘れたけど、その日から今日までの間に彼女達の生活は、私の想像を超えるほど激変していた。
けれども、2人とも相変わらず明るく楽しそうだったので安心した。

こんなに年齢差があるのに、まるで女子高生(ちと厚かましいか!)それが悪ければ、キャピキャピのOLの乗りで会話が弾む。
”女三人寄ればかしましい”のは今も昔も変わらない。
ホントに賑やかな3人なのだ。

JR小倉駅で待ち合わせて、来年2月に閉店になってしまうコレットのお蕎麦屋さんで軽くお蕎麦を流し込み、Rちゃん御用達のカフェへ。
魚町銀天街から少しはずれた場所にある、”映え”しそうなカフェに案内してくれた。
フワッフワのパンケーキが美味しそうだったけど、とても完食できそうも無かったので、チーズケーキとカプチーノのセットを、胃袋も若い2人はパンケーキセットを、キャー可愛いだの、ふわっふわだのあーじゃこーじゃ言いながら賑々しく頂いた。

b0196171_00293324.jpg

b0196171_00293402.jpg
地元高齢女子様御用達の、湖月堂喫茶去(こげつどうきっさこ)とは客層も雰囲気も全く異なるおしゃれなカフェは、当然ながら若い女性客で賑わっていたが、AちゃんとRちゃんのお陰でアウェー感なく楽しめた。

認知症予防に一番効果があるのがピアノ演奏であることが、先日発表されたそうな。
手拍子でリズムを取りながら歌うのも同様の効果があるらしい。
若い人との交流も効果絶大とか。
(ママ活はダメよ😤) 

と言うことは私は認知症にならんっちゅうことやね。
「私が呆けるかどうかは、二人にかかっとおとやけね。」
と圧力をかけておいた。104.png

久し振りに3人でしこたま喋りたおした楽しい時間はあっと言う間に過ぎていった。
人生いろいろ169.png女もいろいろ169.png169.png
まだ若い彼女たちが、この先どんな人生を送るのか、陰ながら見守って行こう、と心の中で呟きながら帰途に着いた。


10月20日、27日、11月3日・・・と3週続いた”女子会”は、それぞれ、フィールドも年齢も私との関係の濃淡も異なるけれど、どのグループからも程よい刺激をもらった充実した集まりだった。
これにてひとまず年内の”ランチ女子会”は終了。

カメラ教室のお姉さまとのお食事会の約束を、今年もまた果たすことが出来ず申し訳ない気持ちで一杯なので、来年は早々に企画し、《するする詐欺》と言われないようにしなければ・・・と思っとりますので、該当のお姉さま方、しばらくお待ち下され。

ではでは~177.png








[PR]
# by toriaezu-b-ru | 2018-11-10 22:32 | 美味しかったばい | Comments(0)

久しぶりに焼いたガトーショコラ

とある会合への差し入れに、久し振りにガトーショコラを焼いた。

b0196171_00132553.jpg


材料は卵とチョコレートのみ。
焼きたてはふっくら。
一日置くとぺしゃんとなって、がっかり。
しかも苦労して振り掛けた粉砂糖が、皆さんの手に渡った時には溶けてしまっていて残念な状態に。
でも美味しいと言ってくださり・・・そらそうやろ。作った本人目の前にして、う~ん不味い!とはいくらなんでも言えんやろ。
それに美味しいも何も、卵とチョコだけなので、不味いわけが無かろうもん。でしょ?

あと一ヶ月ちょっとでクリスマス。
豪華なデコレーションケーキも良いけれど、手焼きのケーキもたまにはいかが?




[PR]
# by toriaezu-b-ru | 2018-11-08 23:36 | 美味しかったばい | Comments(0)

シニア女子会 ふぐづくし編

10月終わりのある日の備忘録。
地域の中高年、いや、高年女子ばかりで、地域内のとある和食処開店25周年記念のふぐ料理を頂いた。

b0196171_11075206.jpg
とらふぐの薄造りなんて、最後に食したのがいつだったのか思い出せないレベル。
そもそも食べたことあるのか?無いのか?
子どもの頃、父が晩酌をしていたので、夕方になると母に頼まれて、「注文しているから○○魚屋さんに行って取ってきて頂戴。」と、しょっちゅう買いに行かされていたっけ。
ただしふぐ刺しを口にできるのは父だけ。
母が七輪で炙った尾ひれを熱燗に入れて、ひれ酒を美味しそうに呑んでいた父の顔が今でも忘れられない。

ふぐ刺しに極細の高等ネギを巻いて、頂きま~す。
日本酒が呑めないので、昼間からキリン一番絞りをジョッキ167.pngで呑みながら、美味しく頂いた。
このメニューじゃあ、日本酒だよねえ。

定番のから揚げもカラッと揚がって美味也よ。

ふぐちりの写真は、4人前。
とらふぐのアラとかなとふぐがたっぷり。
「ふぎちりとは、そもそもとらふぐのアラで出汁を取ったお鍋のことです。」
と講釈垂れるお給仕さん。
「へぇ~、そうやったん?」
と応えると、お給仕さんがドヤ顔に。
それ、あんまり感じ良くないよ。と心の中で呟いた。


〆の雑炊はやや塩分強めだったので、食後に喉が渇いてしょうがなかった。

ご馳走して頂いたので、料金は不明だが、多分3000円だったような・・・

久し振りに贅沢なランチだった。

このコース、いつまでやってるんだろう。
もう一度くらい食べてみたいワ。

皆様、ご馳走様でした。169.png



[PR]
# by toriaezu-b-ru | 2018-11-07 20:40 | 美味しかったばい | Comments(0)

シニア女子会 同級生編

中学校の同級生に誘われて、”女子会”に参加した。
誰が来るのかも分からず、実家近くの約束の場所に行くと、集まったのは私含めて5人。
このうち、同じクラスだった人は1人。
他は、保育園から中学校まで一度も同じクラスになったことがないばかりか、幹事をしてくれた"女子”は、中3の2学期に転校して来た人なので、ほとんど面識が無かった。
にも関わらず誘ってくれたのは、中学卒業以来何度も同窓会で会っている間に、親しくなったからだと思う。
どんな関係であっても、気に掛けてくれて誘ってくれるのは嬉しく有難いと思う。

中学生時代の関係は希薄であっても、それはそれ。
女三人以上集まったわけだから、かしましいことこの上無し。
宴たけなわになったところで、来年の同窓会の話題に。
日時に関しては、さほど意見は出なかったが、問題は会場のこと。

「えーーーっ!?あそこぉ??10人が10人不味いって言う処よ。ウン千円も出すなら、もっと美味しい処あるやろうもん。」
「あそこなら行かん。」
と予想以上に超不評。

さあ困ったゾ。
「じゃあ、田吾作に話とこうね。」と言って、再会を約束してお開きに。
そうは言ったものの、田吾作は田吾作なりに考えて考えて決めたことだろうし、プライドもあるだろう。

変に意見して腹かかれても困るし。(腹かく=腹を立てる。私の周りは大抵”腹かく”を使います)
いや困らんか。
このままそっとしとくのが親切か、不親切かは分からないけど、しばらくそっとしとこう。


出席できない私に、とやかく言う資格はないけど、せっかく田吾作が同級生のためにひと肌脱いでくれているので、多くの同級生が集まればいいな、と願っております。
同級生の皆様、出席してあげてね、私は行かれんけど103.png







[PR]
# by toriaezu-b-ru | 2018-11-06 23:17 | なんちゃない日記 | Comments(0)